top
rogo





「ビール」と「発泡酒」の違い


これはもう、皆さんご存知ですよね。ただ詳しく分けるとこうなります。
ビールと発泡酒の違いは、酒税法における酒類の酒類・品目の分類の違いで、使用原料と麦芽使用率によって変わります。 まず「ビール」は麦芽の使用率が2/3以上でなければならず、副原料も限られます。
一方「発泡酒」はビールには使用できない原料を使用した場合や、麦芽使用率が2/3未満の場合です。

因みに酒税法上、「発泡酒」に課せられる酒税は麦芽の使用割合に応じて3つに分けられます。
  1. 50%以上
  2. 25%以上50%未満
  3. 25%未満

(2)や(3)の場合、ビールよりも税金が安くなります。
通常発売されている発泡酒は殆どの商品が25%未満なので、ビールより格安、というわけです。


【戻る】