top
rogo





「ウインナー」と「ソーセージ」の違い


ソーセージ

「ウインナー」とは豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、ケーシング(羊などの腸)に充てんした後、 燻煙・ボイルしたソーセージで、オーストリアのウイーンが発祥地のソーセージです。
ということは、「ウインナー」はたくさんある「ソーセージ」の一種なのです。
尚、日本の場合、JAS(日本農林規格)によると、

肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージのうち
  • 羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満をウィンナーソーセージ
  • 豚腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm以上36mm未満をフランクフルトソーセージ
  • 牛腸を使用したもの、又は製品の太さが36mm以上をボロニアソーセージ
と分類されますので(あくまでも日本での分類ですが)

参考サイト:播州ハム

【戻る】