ホーム > UNIX系サーバー > LAN内からのドメイン名でのアクセス

ローカルネットワークからのドメイン名でのアクセス


自分でサーバーを構築して、インターネット上に公開したら、やはり実験的なホームページでも作成してアップしてみたいですよね。
でも実際にアップして、ローカル側から取得したドメイン名でアクセスすると、ほとんどの場合、自分が使っているルーターの設定画面、もしくはルーターのログイン認証画面が表示されます。これはルーターのNAT/IPマスカレート機能が影響しています。しかしここではNATについては詳しく書きません。

そこでこのような解決方法があります。

注)ここでの例は、ドメイン名 masayan.fam.cx プライベートアドレス 192.168.1.86です。

1・プラーベートIPアドレスでアクセスする
この設定例の場合、http://192.168.1.86 と入力してアクセスすると、無事に表示されます、
しかしこの方法だと間違いは無いが、なんか面白くない。

2・クライアントマシンのHostsにプライベートアドレス<>ドメインの対照表を書いておく。

Windowsの場合、windowsフォルダの中にhostsというファイルを作成します。実際にファイルを作成するときは、MS-DOSプロンプトで,
MS-DOS Editorを使って作成した方が間違いはありません。MS-DOSプロンプトを起動させたら、edit c:\windows\hosts と入力すると、MS-DOS Editorが起動します。そこに

192.168.1.86  masayan.fam.cx

と書いて保存します。Macの場合、やはりHostsファイルを作成するが、この場合の書き方は

192.168.1.86  A  masayan.fam.cx

です。Aをつけることを忘れないで下さい。作成して保存します。マックの場合、TIP/IPの設定で、 hostsファイルの参照で先ほど保存したファイルを指定すればOKです。

そうすれば、ドメイン名でアクセスできます。また、メールサーバーやFTPサーバーへのアクセスするときのホスト名も、ドメイン名でアクセスできます。


3・外部プロキシサーバー経由でアクセスする。

ブラウザのインターネット接続の設定で、外部プロキシサーバーを指定する。そうすれば、ローカルから自分のドメイン名でアクセスしても、インターネット経由で、自分のサーバーにアクセスするので、ドメイン名で表示されます。