ホーム > UNIX系サーバー > ダイナミックDNSについて

ダイナミックDNSについて



ダイナミックDNSとは

通常、サーバーを公開するには、専用線等をひいて、固定のグローバルIPアドレスと ドメインの取得が必要になります。しかし、ダイナミックDNSは、プロバイダーから動的に与えら れたグローバルIPアドレスでもサーバーが公開できるようになります。

動的とは、プロバイダーと接続するとき、プロバイダーのDHCP機能により、グローバル IPアドレスを自動的に割り振ってもらってます。ほとんどのプロバイダーがそうです。その為に 当然、固定のIPアドレスは得られません。

そこでダイナミックDNSという、すばらしいシステムがあります。 これは自分の利用するダイナミックDNSのサブドメインを利用します。

但し、先ほど書いたように、プロバイダーから割り当てられているグローバルIPアドレスは、 何かの拍子に変更されてしまいます。しかし、たとえIPアドレス が変更されても、ダイナミックDNSサービス業者に新しいグローバルIP アドレスを登録しなおせば、自分のドメイン名で再び外部からアクセスできます。 IPアドレス変更は簡単です。このことにより、自分のサーバーを公開できるわけです。

でも、ここで1つ問題があります。それは、常にサーバーを公開するつもりなら、 IPアドレスが変更されてすぐに、IPアドレスを登録しなおさないと、その間はアクセスできない、 メールが使用できない等の問題が発生してしまいます。
せっかく、自分のサーバーでホームページを公開しても、もし外出しているときにIPアドレスが 変更されたら、帰宅するまで外部からアクセスできません。(もちろん、メールもそうです。)
解決方法としては、

常にIPアドレスを監視し、変更された場合、直ちにダイナミックDNS 業者に登録しなおすプログラムを用意する!ことです。

本来は自分で自動IP更新スクリプトを書けばよいのですが、手っ取り早くフリーのスクリプトを 利用する手もあります。ここで少し紹介します。

  • ルーターを使わないサーバー
    perlスクリプトです。ダイナミックDNS業者ごとのスクリプトが用意されていて、とても お勧めです。Linux専用!

  • Dice DynamicDNS
    Windows用のIPアドレス監視ソフトです。サーバーをWindowsで構築する場合や、 常にWindowsを起動させている場合はお勧めです。因みにここはダイナミックDNSについても詳しく書いてあります。

  • Dynamic DO!.jp
    こちらは、ダイナミックDNSサービスを行っている会社です。無料と有料のサービスがあり。 有料のサービスの場合、自分でドメインを取得して利用する事が出来ます。